カテゴリー : 旅行

青森への旅 2010秋 其の参

さて…。 
もう1ヶ月経ってしまいますね。。。 
体調不良だったり、書く気力が乗らなかったので、 
停滞気味になってしまいました。 
 
 
旅行記も終わらせなければならないので、 
今回で終わらせます。 
少し駆け足気味になりますが、申し訳ないです。 
 

青森の旅 2010秋 
其の壱 → 2010/10/30の日記
其の弐 → 2010/11/06の日記

 
さて、2日目、竜飛岬へ行ったあとにそのまま南下して、 
青森市周辺へ。 
 
ここでは、せっかくなので三内丸山遺跡に寄ってきました。 
 
 
 
 
 
水曜どうでしょうファンだったらお馴染みの、三大遺跡の語呂合わせ、 
「大盛りを3つください 3ないジョ」の三内丸山遺跡です。 
 
とはいえ、、、あまり遺跡とか興味ないんですよね。。。 
ネタとして寄ってみたともいえます。。。すみません。 
 
 
これだけでもなんなので、近くの青森美術館に寄ってみたら、 
なぜか人が多い…。なんだろう、と思ったら、 
 
 
 
まさかのジブリ展!!! 
これは嬉しい巡りあわせ、と思い早速見てきました。 
この詳細はまた別記事にてアップしたいと思います。 
 
 
で、ここまでは良かったんです、ここまでは…。 
 
 
本日の宿は十和田湖周辺だったため、ここから八甲田山へ! 
 
八甲田山へ登っているとき小雨が…。 
嫌な予感を胸にいだきロープウェイ乗り場へ…。 
 
 
はい、、、ロープウェイ強風のため中止!! 
 
 
そして雨も強くなってきてます。 
これは、、、無理だと悟りまして、もう宿へ行こうと。 
 
ちなみに八甲田山ですが、雪が残っていました。 
 
 
 
 
 
そして、雨も強くなり、更に霧が濃くなってきて、、、 
もう視界も危うい中、走りました。 
更に夕方からすぐ辺りが真っ暗になりましてね、、、 
 
 
対向車もほとんど無く、、、正直めっちゃ怖かったです。 
 
 
まあ山道にはなれてはいるのですが、さすがにこの天気は参りましたね。 
宿に到着し、まずは一風呂。 
そしてこの日は普通の宿に泊まったため夕食付きでした。 
料理も美味しかったです。 
 
 
 
それで運転の疲れもあって、ビールをグビグビ飲んじゃったら、 
 
 
速攻酔っ払って、21時には寝てしまいました…。 
 
 
せっかく夜中に温泉に行こうと思ってたのに台無しですわ。 
とはいえ朝は行きましたので、疲れは取れました。 
 
 
さて、またここで問題が…。 
 
 
まさかの大雨です。 
いや、、、予想はついてたんですが、おもいっきり雨でした。 
こりゃ仕方ないと思って、朝に方向転換。 
本来は十和田湖を充実しようと思ってたんですけどねぇ。 
 
 
仕方ないと思って十和田市美術館に行こうと思ってたんですが、 
月曜は休館日。。。 
三沢の方にいくか、何をするか、すごく悩みましてね…。 
一気に目的を失ってしまって、どうしようかなと。 
 
その時思い出したのが、 
 
そうだ!紅茶飲みに行こう! 
 
そんな気持ちを張り巡らせ、急遽弘前へ。 
iPhoneでよさげな紅茶を飲める店をピックアップして、 
いざ弘前へ。 
 
 
そうそう雨でも景色は綺麗だったんですよ。 
 
 
 
 
 
 
 
もう残念でなりませんね~。晴れてたらもっと綺麗だったろうなー。 
 
 
2時間くらい運転し弘前に到着しました。 
目的の紅茶ショップが思いの外素晴らしくて。。。。 
これもあとで紅茶記事で載せますね! 
 
良い気分でその後、弘前城に向かいました。 
せっかくなので城も行っとかないとね。 
 
 
 
 
 
本丸は復元で小ぶりでしたが、かっこいい姿でした。 
桜の名所なので、春はきれいでしょうね。 
ちなみに本丸の中も色々と興味のあるものがあって面白かったです。 
 
 
ついてたのは、弘前城を観ていたときは雨が止んでたんですよ。 
帰ろうと思ったとき、降り始めましたが。 
雨で残念と思いきや美味しい紅茶も飲めてよかったなぁと。 
 
 
ついでに同じ敷地にあった植木なんですが…、 
 
 
 
この木を見た瞬間、、、 
 
 
あ、、、ラピュタだ…。 
 
 
これです、これ、天空の城ラピュタ 
 
 
 
Twitterでつぶやいたところ、フォロワーの方が、 
あのまま飛んでいって20年後しぼんで不時着した姿、と言ってましたw 
なるほど、青森に不時着してたんですねwww 
 
 
まあそんな良い気分で帰路へ。 
 
 
と軽い気持ちで言ってましたが、帰りはしんどかった・・・。 
行きは余裕だったんですけどね、帰りは疲れもあってもうなかなか気力が…。 
岩手と福島の広さにくじけそうになりました…。 
 
前沢で牛すじ丼食べたり活力を入れたんですけどね。 
 
 
 
結局、到着したのは24時過ぎでした。 
 
 
さて、、、今回の旅 
 
 
1600km(2泊3日) 
 
 
や、やればできるもんですよ…。 
 
十和田湖が見れなかったので再チャレンジしたいなと思います。 
とはいえしんどいので2~3年インターバルを置きますけど。。。 
 
 
次回は行きたかった南へ行けることを願いながら。 
暖かくなったらまた旅に出かけようと思います! 
 
 

青森の旅 2010秋 其の弐

さて、日が空きましたが、2日目の備忘録です。 

青森の旅 2010秋 
其の壱 → 2010/10/30の日記

ビジネスホテルなので朝食も普通です。 
ざっくりと行く場所を決めまして、8時過ぎに出発です。 
ちなみに、この日は関東は雨だったのですが 
青森では朝は良い天気でした。 
 
「朝は」ですよ。。。(不安な予言) 
 
 
まずは、五所川原から十三湖に向かいます。 
 
 
と、先にですね、十三湖までの向かう道に、 
湖沼や溜池があったので、撮影をしてみました。 
 
まずは田光沼(たっぴぬま と読みます。説明はコチラ) 
 
 
 
 
 
良い天気でしたが風が強かったため水面が少しざわついてますね。 
田んぼに囲まれた沼地なので、すごく景色が良かったです。 
 
 
牛潟池 
 
 
 
 
 
こちらは溜池です。 
朝の静けさによって、すごく素敵な雰囲気がありました。 
ちょうど鳥が飛んでいくところを激写できました。 
 
 
袴形池 
 
 
 
 
 
似たような景色ばかりになっていてすみません。 
こちらも溜池です。水田が多いので溜池も多いんだと思います。 
こちらも静寂が漂う雰囲気です。 
 
 
十三湖(じゅうさんこ 説明コチラ
 
さて、ようやくの十三湖です。 
前から名前が出てましたが、こちらはシジミがとても有名。 
いくつかのスポットで写真をとってみました。 
 
シジミ業の船がたくさん停泊。 
 
 
逆行は勝利(byたわば先輩
 
 
おだやかな区域 
 
 
中の島工事中 
 
 
お土産&軽食 
 
 
このお土産屋さんがあるのは、中の島ブリッジパークです。 
ここで、真空パック済みのシジミを購入しました。 
軽食はお腹が空いてないので断念。 
が、しかし、、、 
 
しじみソフトクリーム 
 
 
こ、こんなものが!?と思って買って食べてみましたw 
おばちゃん曰く、ちゃんとしじみの味ですよ、と言ってたので。 
 
感想! 
 
 
美味からず、、、不味からず???、、、不思議な味 
 
 
決して不味いわけではないんです。 
甘しょっぱいというか、、、しじみのような味はします。 
なんだろ、これ?みたいな味でした。 
まあ1回食べればいいかなw 
 
 
さて、、、ここからですが、 
日本海を見ながら北上して、、、竜飛岬まで向かいます。 
 
竜飛岬って?と、思う方が多いかもと思ったので、、、 
 
 
 
ペイントで一筆書きしてみましたw 
青森西側の最北端ですね。ここから天気の良い日は函館が見えるのです。 
雲行き怪しくなってきたため、ほのかな期待を持ちつつ北上です。 
 
 
ココからは道のりで撮った写真を公開。 
 
海水浴で一枚。The日本海です 
 
 
左を向けば日本海、右を向けば紅葉の山 
 
 
道の駅こどまり イカ干してました 
 
 
 
ここで、極上するめや、イカのラー油やらをお土産に購入。 
で、ついでにですね、、、 
 
 
 
イカ足購入。 
 
これを、運転しながら帰宅まで、もちゃもちゃと食べてました 
(かみつれは無類のあたりめ好きなのです) 
女性としてどうかとは思いますが、、、イカ足くわえながら運転ですw 
 
道の駅からの景色 
 
 
 
運転席からの景色 
 
 
紅葉も海も両方楽しめます。 
 
 
 
途中の山々の紅葉 
 
 
 
 
 
実際、すごく紅葉が良かったんです。 
この写真で観るよりも数倍も。 
写真って収めきれないものなんだなーと実感しました。 
 
 
そして念願の竜飛岬です。 
 
 
 
 
函館は見えるのか? 
 
 
 
 
 
 
み、、、見えました? 
 
ぼんやりと見えるんですよーーーー。 
 
わかりやすいように、赤い線を記載してみましたので、 
これを参考に上の2枚目をじっとご覧ください・・・ 
 
 
 
ね、、、見えた。。。でしょ。 
 
 
個人的にはじんわりと感動しました。 
実は、私、北海道行ったこと無いんですよね。 
旅好きなので、既に行ってるものと誤解している人も多いと思いますが。 
 
函館は新選組調査を終える最後に行こうと決めてます。。。 
(いつになることやら) 
 
 
近いうちに、函館ではなくとも北海道は上陸したいですねぇ~。 
(目指せ摩周湖!) 
 
 
ということで、長くなりましたので、 
いったんココで区切りまして、其の弐は終了します。 
 
 
次の其の参は、2日目後半ですね。 
 
 
予告:ホラーですw 
 
 
ご期待ください! 
 
 

青森の旅 2010秋 其の壱

ホテルでモデム一式を借りれました! 
 
備忘録ともしたいので、ちょっと長くなります。 
それでも読んでいただける方は下記をどうぞー。 
 
 
はい、久しぶりの長旅です! 
夏は忙しかったので、このタイミングでお休みいただきました。 
出発前の記事にも書きましたが、本当は南方面に行くつもりでした。 
 
 
三重・和歌山あたりの山湖を計画してたんですね。 
で、天候もあるのでギリギリまで宿を決めなかったんですね。 
案の定、、、台風ですよ…。 
 
今週の私の気持ちの流れ↓ 
 
月 → 浜松とか寄れるなー♪ 
火 → 和歌山どのへんまで行けるかな。熊野にも行こう♪ 
水 → 歌謡祭に行ってたので記憶から抜ける。 
木 → (朝)あれ、、、なんか台風来てるって噂!? 
      うわっ直撃じゃないか…。これは別プラン考察か!? 
      東北は常に行ってるし、北陸、、、あぁ、同じだ雨だ…。 
      き、北しか行けない…。 
      じゃ、じゃあ、秋田超えするってことで、、、青森か? 
      あぁ、十和田湖がある。。。よし、帰って宿を予約だ。 
    (夜)[休むため終電で帰宅]ダム・湖沼好きとしては、、、十三湖も行きたい。 
      3:00頃予約完了 
金 → 鳩のキームンを実家に預けるため23:30に実家到着、3時間仮眠…。 
 
 
こんな流れで、緊急回避ですよ。 
まあ、一人旅だし、気ままですね。 
るるぶも途中のSAで買いましたし。 
 
 
5時に出発したかったんですが、眠くて起きれず6時ちょい前出発でした。 
 
すでに外は雨がザーザーと…。 
 
東北道を乗りまして、台風から逃げるようにひたすら北上です。 
佐野SALでラーメン食べようかなと思ってたんですが、 
雨を早く抜け出したかったので、スルー。 
 
そして第1回目の睡魔が襲いかかってきたので、那須高原SAへ避難。 
ここで朝食。ラーメン食べました♪ 
 
 
 
青森のるるぶを探すが無し。 
眠眠打破(強いほう)を飲んで、またひたすら北上。 
 
 
ブイブイ走行して調子にのっていたら、、、 
 
 
ガソリンが少なくなっていることに気づく。 
 
 
しかも、SAをさっき過ぎたばかり…。 
このとき、かなり焦りました…。 
高速でガス欠なんて、シャレにならんと。 
ドキドキしながらも前沢SAにかろうじて到着。 
 
5リットルくらいしか残ってなかったみたいです。 
危なかった…。 
高速乗る直前に満タンにしたんですけどねぇ。 
 
 
ついでにせっかくなので、前沢牛串を食べました。 
 
 
 
これ750円です。高っ!?と思いますが、上、特上なんて1000円オーバーでした。 
でも、、、、 
 
めっちゃ美味しかったです。前沢牛すげぇ。 
 
 
ちなみに栃木(那須高原)から岩手(前沢)にすっ飛んでいて、 
福島と宮城は?って感じですが、、、 
 
 
雨がやんだため、調子にのって走ってたのでスルーしました。。。 
 
 
まあ帰りにSA寄ろうと思ってます…。 
 
 
日本地図を見てもらえるとわかりますが、 
岩手の区間がすごく長かった…。 
盛岡までは前回の秋田旅行で通りましたが、未知の領域です。 
 
 
雨がやんだのはいいんですが、寒いんですよね…。 
さすが東北…。 
 
 
で、突っ走りながら考えていたのですが、、、 
 
 
十三湖に行くつもりだったけど、、、これ今日無理じゃね? 
 
 
設定したナビ到着時刻が16:30なんですよね。 
たぶん、日暮れてる…。 
 
 
で、今日はどうするかを決めるのとお昼を食べる、 
更に、2回目の睡魔が襲ってきたため、岩手山SAへ。 
 
そこで、ようやく青森るるぶを購入。 
そして、盛岡じゃじゃ麺を食しました。 
 
 
 
これ、初めて食べました。 
というか、存在も初めて知りました。 
ちょっと塩辛いんですが、肉味噌が癖になります。美味しかった。 
 
 
で、るるぶを読みながら予定を考察。 
十三湖は諦めるとして、宿を通るときに寄れるところはあるかどうか。。。 
 
 
結果、、、興味のあるもの、時間が間に合うもの、無し!! 
 
 
むーん、、、と思って、宿がある所の地図を見ていると、、、 
 
 
あ、、、ヤマダ電機ある。。。 
 
 
実は、今日音楽だけのiPodを忘れてしまったんですよ。 
なので音楽はiPhoneのみで再生していたんですが、 
 
 
電池が持たない…。 
 
 
なので、急遽、車でのiPhone充電器を買いたくて。。。 
よし、とりあえずヤマダ電機行くか! 
でもその前に寝よう…、 
車で仮眠しようとしましたが、眠れず。 
でも目をつぶっていたので少し疲れが取れました。 
眠眠打破(強いの)2本目を飲んで出発。 
 
 
で、急ぐ旅じゃないなーと思いながら走ってたんですが、 
東北道、紅葉が綺麗で、満喫してしまいました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もともと、ナイスビューポイントを探す旅が、私の基本だったのに、 
急ぎすぎたことで忘れていました。 
なのでPAやSAに寄って、バシバシ写真を撮ってきました。 
 
 
こんな夕日も取れましたよー。 
 
 
 
 
途中、秋田で味噌たんぽを食べ 
 
 
 
 
いざ、ヤマダ電機へ。。。 
行ってみるとヨーカドーも併設されておりまして、 
結局チェックイン時間までまったりしていました。 
 
 
そして、ホテルに付き大浴場に入り、今に至ります。。。 
 
 
これから明日の予定を決めなければなりませぬ。 
明日は少し天気が悪いので、臨機応変になると思いますが、 
楽しんでこようと思います。 
 
 
またTwitterで実況しますので、気になる方はコチラへ→Twitter@kamitsule 
 
 
 
其の弐へ続きます。 
 

7/4 田沢湖への旅

前回の記事で公言していた翌日アップができず。。。
有言不実行ですみません。
 
 
さて、先週の土曜日の話になりますが、
 
 
The 日帰り秋田
 
 
を実行してきました。
 
 
往復1,200km・・・
 
 
最近、近県ばかりで遠出をしていなかったのと、
高速料金1,000円で行けるし・・・、
自分の運転の限界にチャレンジしてみようと・・・。
 
 
まあ、本当は仙台あたりにしようと思っていたのですが、
ダム・湖沼マニア?の私めとしましては、
 
 
どうしても、田沢湖に行きたい!
 
 
ということで、挑戦してみました。
 
 
 
まあ、旅に出たくなったのも、
最近「水曜どうでしょう」のDVDを片っ端から観てたからでしょう。
オーストラリア縦断とか観てたので・・・。
 
 
ここからは恒例ですが写真が多くなりますので、
今回は折りたたみます!

続きを読む

群馬県立つつじが岡公園

さて、今回も写真満載でお届けいたします。
亡き祖父の家に用があったため、お線香をと思い、
ついでに、紅茶紀行再開をしました。
 
ということで、まず初めに紅茶のほうではなく、
気になる癒しスポットを求めて、こちらへ。
 
 
群馬県立つつじが岡公園
 
 
ちょうど、館林に紅茶屋さんがあったため、足を伸ばしてみました。
とはいえ、、、思っていた通り、
 
 
つつじのシーズン終了
 
 
いえいえ、わかっていたことなので、問題なし。
どれだけ自然があるか、ということで訪れてみました。
もちろん、シーズンオフのため無料です。
 
 
入ってすぐに池がありました。趣いいですねぇ。

 
蝶々も飛んでいました、激写

 
か、かろうじてつつじがひとつだけ咲いてました!

 
ちなみに、向かっているときは雨が降っていたのですが、
到着前にいきなりの快晴になったため、とても気持ちよかったです。
 
広い芝生もありました。

 
 
少し奥に行くと、温室がありました。
こちらは有料(300円)なのですが、せっかくなので入ってみることに。
 
すごくテクノロジーが使われている温室ですよね~。
窓とかオートなんですなぁ。

 
中はジャングルのようでした^^

 
まだ夏ではないのに、大きなハイビスカス

 
たくさんの花々





 
なんと、パイナップル!
こんなふうになるんですね、知らなかった・・・

 
ロビーでは、小規模の紫陽花と盆栽展がありました。
 
見事な紫陽花の鉢植え。

 
盆栽も素晴らしい

 
 
そして、この温室は上にも登ることができまして、
上からの眺めにより、大きなヤシの木の上部も見れます。
これは、面白い。

 
 
さて、再び外に出まして、まずはたくさんの紫陽花

 

 
 
少し離れたところで、菖蒲もたくさん咲いておりました。
これは圧巻でキレイでした

 
黄色いのもあるんですねぇ~。

 
 
そろそろ退園しようかなーと思っていたら、、、
可愛い猫の親子を見つけてしまい、そぉーっと近づいて激写
 
こちらお母さん猫(たぶん)

 
この子猫が、プリティな動きをしてくれまして、めっちゃ可愛かった

 

 

 
もう1匹の子猫ちゃんは、怖がりだったのか、茂みに隠れていました。

 
 
触りたいな~と思ったんですが、やっぱり警戒していたので、写真のみ。
一定の距離を保っていれば写真撮っても逃げなかったのは嬉しかった。
 
ということで、退園したのですが、訪れている人も少なく、
噴水など水の音もたくさん聞けたので、かなりの癒しスポットになりました。
ここは、意外と近いので、ふとしたときに来れるなぁと感じました!
 
 
さて、続いて紅茶紀行へ。。。
 
 

秋紅葉2008 その2 ジャパンスネークセンター編

だいぶ、空いてしまいました。
さて、今回は秋旅行の続き、、、
 
ジャパンスネークセンターに行ってきました。
(ホームページ→こちら)
 
なに?それ? と思う方がいると思いますが、
もう、蛇、蛇、蛇だらけです。
それこそ、血清を研究したり、蛇を研究したり、
している施設らしきです。
 
 
さて、、、
ここから、蛇の写真が、どーん と出ます。
蛇がお嫌いな方は、記事を開かないでください。
 
蛇くらい、全然大丈夫というかたは、続きをクリックしてください。

続きを読む

秋紅葉2008 その1 ぐんまフラワーパーク編

11月の最後に、紅葉を!と思ってお出かけを考えてたのですが、
何をどう間違ったのか、普通に近場になりました。
本当はもっと南に向かうはずだったのですが・・・。
 
 
ということで、群馬に行きました。
車を所持してからかなり群馬率が上がってます。
温泉、多いしねぇ~。
 
 
さて、今回の一発目は、
ぐんまフラワーパーク(HP)へ行ってきました。
花が見たいってのと、紅葉もあるかな?と思った結果です。
 
あ、、、ちなみに、最近話題に出してませんが、
ベランダガーデニングは、冬になったのもあり、
かなり絶滅状態ですw
手入れも何もしていませんし・・・。
そろそろ、やらないと。
 
写真も多く長くなるので、折りたたみます。

続きを読む

京都旅行 2日目 後半

え~・・・
 
だいぶ空いてしまいましたが、今日と旅行の続きをUPしようと。
もうすぐ2ヶ月近く経ってしまいますね。。。
初志貫徹しないとイカン!と思ってます。
 
 
さて、2日目の午後は東大寺からスタートです。
東大寺に行く途中に吊り橋のようなところを渡るのですが、
そこの景色がかなり絶景でした。
 
 
f:id:AssamEarlgray:20081109202812j:image
 
緑に囲まれて写真からはわかりにくいですが、
神秘的な空間になっておりました。
 
 
東大寺は広いため、いくつかの門があります。
その中のひとつです。
 
f:id:AssamEarlgray:20081109202813j:image
 
中には、いろんな建物があり、中を拝観できる場所があったのですが、
あまり興味がわかなかったというのと、、、
少し時間がなかったので、拝観はスルーしました。
f:id:AssamEarlgray:20081109202815j:image
 
 
そして、その広い敷地の中に、何の案内もなくひっそりと、、、
f:id:AssamEarlgray:20081109202814j:image
 
戊辰戦争がらみの石碑がありました。
あまり公にしてないんですね。。。関わりたくなかったのかしら。
案内地図にも名前がなく、碑のような絵が描いてあって、
かろうじてわかるくらいでした。。。
 
 
さて、東大寺を後にして、結構近くにあった戊辰戦争墓地へいきました。
少し細めの道路に隣接している坂道を登っていきます。
f:id:AssamEarlgray:20081109202816j:image
 
上に登って行くと、皇室の墓所があります(名前忘れました・・・)
その手前にひっそりとした少し広めの場所がありまして、
そこにズラーっと墓石が並んでおります。
 
f:id:AssamEarlgray:20081109202817j:image
 
f:id:AssamEarlgray:20081109202818j:image
 
風化しているため、名前がわからないものが多数ありました。
これも一部なんだろうなぁととても感慨深い気持ちです。
場所が林の中ということもあり、
ここもなんだか神聖さが感じられるような場所でした。
 
 
さて、、、東大寺から離れまして、、、
以前も行きたかった「宇治」へ!
 
 
The 平等院鳳凰堂 です。
 
 
f:id:AssamEarlgray:20081109203217j:image
 
ここは、もうなんというか圧倒的でした。
行ってよかったなぁと思える今回最高の場所でした。
 
 
時間によって、中にも入れます。
もちろん中に入り、ガイドの説明をお聞きしました。
中から拝める仏像様も含め、少し前まで補修をしていたようです。
何十年かに1回の補修とのことで、今後はしばらくないと思います。
なので、いつ行っても大丈夫ですね。
f:id:AssamEarlgray:20081109202819j:image
 
f:id:AssamEarlgray:20081109202820j:image
 
ちなみに、少し離れたところに資料館があるのですが、
ぜひこちらも入ってみてください。
歴史的な資料もあり、CGで当時の色を再現した画像も見れます。
 
 
さて、本当は源氏物語の資料館に行こうと思ってたんですが、
沸々と、、、
 
 
平等院の夕焼け写真が撮りたい!!
 
 
という衝動に駆られまして、、、
ギリギリ閉館まで残ってやる!と思いました。
 
 
が・・・、
 
 
残念なことに、真っ赤な夕焼けという風景は撮れず、
思っていたのとは少し違うモノとなりました。
 
鳳凰の片割れ
f:id:AssamEarlgray:20081109203218j:image
 
 
向かい合う鳳凰シルエット
f:id:AssamEarlgray:20081109203216j:image
 
平等院鳳凰堂シルエット
f:id:AssamEarlgray:20081109203440j:image
 
 
本当はシルエットのバックが夕焼けという
かっこいいものを想像していたのですが、
残念ながら方角や光源の関係で実現できずでした。
それでも、少し趣のある写真にはなったのかな?
 
 
さて、、、残りは3日目です。
なるべく、早くアップをしたいと思ってます。。。
でも、、、遅くなったらごめんなさい。

京都旅行 2日目 前半

さて、ゆったりと朝食バイキングをいただいて、
出発しました2日目。
 
2日目は洛南方面へ向かいます。
まずは、近くの三条大橋を渡りました。
いい眺めですねー。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011940j:image
 
京都駅からJRで一駅南へ向かいます。
東福寺という駅です。
ここは駅から10分くらい歩いたところに、駅名と同様の
東福寺という京都五山のひとつがあります。
まあ、ここは午後にとっておきます(^-^)
 
と普通ならこのように東福寺に行くのですが、
駅から東へ向かいますと、新選組関係の墓所が・・・。
 
■戒光寺 御陵衛士墓所
 
といっても、実は戒光寺内にはなかったりします。。。
戒光寺本道よりも手前にあるので、見落とします。
この後、紹介しますが、即成院の手前に細道があります。
f:id:AssamEarlgray:20081010011941j:image
 
少し遠くに見える、鉄格子をくぐります。
(針金でロックしてあるように見えますが、簡単に外れます)
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011943j:image
 
木の立て札がありますので、すぐにわかります。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011942j:image
 
こちらが奥にある墓所です。
写真右から、服部武雄、藤堂平助、伊藤甲子太郎、毛内有之助 
 
周りにはその他の墓石や連名の墓石もあります。
 
少し暗い場所にあるのも理由のひとつなのですが、
ココに眠っていると思うとなんだか感慨深いです。。。
前回の山南さんの墓所と同様に、しんみりしてしまいました。
 
 
ちなみに、5000曲近く入れたiPodを聴きながら歩いているのですが、
参拝するときはイヤホンを外します。
この戒光寺墓地を出て、再度イヤホンをつけた時、
シャッフルで鳴っていた曲は、偶然にも・・・
 
大河新選組!メインテーマ でした。
 
少し鳥肌が立った瞬間でした(^-^;)
 
 
■即成院
 
戒光寺墓地の隣にある門を潜ると、ここは何かというと、
あの弓矢名人?と言われている、那須与一のお墓があると言われています。
 
こちらは手洗い所です。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011944j:image
 
ここの本道の奥にお墓があるのですが、実は前回も訪れていたので、
今回はスルーしました。
私はスルーしましたが、初めての方には、オススメですー。
 
 
■戒光寺
 
少し道を歩いていくと、ようやく戒光寺の門にたどり着きます。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011945j:image
 
中は意外とひっそりとした本堂があります。
ただ、建物はしっかりと趣深いたたずまいでした。
あまり人も訪れないので静かなところで少し一休みしました。
 
 
■泉桶寺
 
さて、ここがなんとなく訪れてみて、かなりよかったところです。
戒光寺を更に奥に上って行きますと、見えてきます。
 
私は歩きで行ったので、正門から入らず、裏の入り口から入りました。
そこの僧侶のおじ様が、見所を詳しく説明してくれました。
10分くらい色々と手ほどきを受けたので、とても助かりました。
 
 
まず、正門からすぐ近くにある楊貴妃観音堂に行ってみました。
楊貴妃の冥福を祈って建てられた像とのことです。
こちらの中に像があります。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011946j:image
 
楊貴妃にあやかって思わず、お線香とロウソクを立て、、、
 
 
美人になるお守りを買ってみましたw
 
 
信じるものは救われます(思い込み・・・)
 
 
そして正門より正面に進むと仏殿がででーんと。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011947j:image
 
この建物がまた実際に見るととてもかっこいいのです。。。
中に入りますと、また拝観することができます。
暗くてわかりにくいですが、高い天井に龍の絵が描かれています。
僧侶のおじさまが説明してくれるのですが、
私にはあまりよく見えず、考え込んでいると、
懐中電灯で照らしてくれました(^-^)
 
ここぞとばかりに色々と聞き込みをしてみると、
こちらは、天皇家ゆかりの寺だったそうで、、、
簡単に言うと、天皇家が参拝するお寺だったのだと。
(解釈違ってたらスミマセン・・・)
 
この舎利殿の奥に、御座所があります。
別料金なのですが、こちらはすごくよかったので、オススメです。
そこまで中は広くないのですが、
こじんまりとした庭園が広がっています。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010022118j:image
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011948j:image
 
うーん、、、
縁側が狭いので引きの写真が撮れないのが残念です。
実際に観た方が、写真の何倍もよく感動します。
この旅行で他の庭園にも訪れましたが、、
個人的に、ここが一番好きでした。
 
 
また、この泉桶寺の外に隣接している道を、登っていきます。
f:id:AssamEarlgray:20081010011950j:image
 
御座所のもう少し上に出ます。
さて、この白い鳥居ですが、こちら孝明天皇陵です
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011949j:image
 
幕末にも、現在放送している篤姫にも出ていますね。
明治天皇のお父様だと思うと、なんだか近い過去の人なんですねぇ。
自分のおじいちゃんのおじいちゃん、、、の時代ですかね。
うーん、近いわー。
 
 
また、ここに行き着く手前に階段があります。
そこを登っていきますと、後堀河天皇陵があります。
こちらも白い鳥居が立っています。
 
うーん、、、実は名前だけ聞いてもピンと来ず・・・。
後で調べてみると、鎌倉時代の方なんですね。。。
(・・・まだピンときてない)
 
ただ、ここから寺内を少し上から見ることができます。
 
f:id:AssamEarlgray:20081010011951j:image
 
木が少し邪魔ですが、、、それでも屋根の上部が見えるので、
とても面白いです。
 
 
その他、この近くの来迎院や善能寺、今熊野観音寺を巡りました。
午後はようやく東福寺に向かいます。
 
2日目・後編に続きます~。
 

京都旅行 1日目 後半

えらく期間が空いてしまいました。。。
あいすみません。
 
理由はというと、
ゲームをしてたり、体調を崩してたり、、、
はたまた、、、
 
ゲームをしてたり・・・。(-_-;)
 
す、すみません。やり始めると止まらないんですよぅ。
ようやく無事にクリアして、2週目突入中です(おい・・・)
でも体調崩してたのは本当です。ここ2日間・・・
 
忘れてしまうので、この辺で書かねばと思ったので、
前回の続きです。
 
 
二条城を飛び出し、そのまま東へ向かいます。
祇園通りを抜けると、、、
 
 
■八坂神社
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
すごくキレイですよねー。
ただ、ここに参拝することなく、左側の道を登っていくと、
円山公園の端に出ます。
 
 
■(たぶん)新選組が相撲興行をしたところ・・・
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
大河でも放映されてましたが、相撲興行をしたところだと言われています。
た、たぶんこの広場でいいと思うのですが、よくわからず。
 
そして、ぐるーっと公園を横切りながら、、、
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
鴨を見ながら。。。
 
 
■坂本龍馬・中岡慎太郎像
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
ここは、裏から見るとまるで見えなかったりします。
少し要注意です。かなり大きいので、目立つのですが、
裏側は木がありますので。
 
その少し向こうに、お寺があります。
 
■長楽寺
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
えっと、、、ここは敢えてあまり語りません。
幕末の文人・頼山陽や頼三樹三郎のお墓があるところなので、
新選組ファンならスルーしてもいいかなと。
ただ、結構ナイスビューです。
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
京都が一望できます。
 
 
■月真院
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
伊藤甲子太郎さんファンなら行くべし。
御陵衛士の屯所です!
中には入らなかったですが、右手前に見えるのが碑です。
 
ちなみに、ここは「ねねの道」と言われている場所で、
お土産屋さんもたくさんありますので、
かなり人通りが激しいです。
写真を撮る際は、ささっと。
 
■霊山護国神社
更に置くに行きますと、ながーい坂になっている大きな鳥居が。
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
いやー、緩やかな坂の割には、結構続くんですよ。
息切れしそうでした。。。
一日長いこと歩いてきましたから・・・。
 
 
そして、こちらも入館料を支払い中に入ると、
坂本龍馬さんの墓があります。
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
夕暮れ時で、影が出てしまってすみません。。。
龍馬さんと中岡さんのお墓です。
ちなみに、左置くにひっそりと、一緒に亡くなった使用人の藤吉のお墓もあります。
 
龍馬さんのお墓からは、京都が一望できる景色が広がっています。
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
さて、、、龍馬さんファンや、あまり幕末に興味がない人は、
ここで引き返してしまうのですが、、、
ここは、驚くくらいのいろんな方々の墓石があるんです。
ただし、新選組ではなく、主に長州藩が多いです!
池田屋で亡くなった方が多いので、感慨深い人が沢山。
 
一番目立つのは、
高杉晋作、久坂玄端らの墓
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
高杉ファンが多いので、お供え物が多いため、わかりやすいかと。
そのほかにも、古高俊太郎、宮部鼎蔵、吉田稔磨、などなど。。。書ききれません。
 
そして、そこ墓石が沢山並んでいる奥にも更に高い場所があります。
ここが、、、登って行くのにもう疲れ果てていて、、、
泣きそうになりながら上りました。
 
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
大河新選組では、永遠のライバル?だった、
桂小五郎こと、木戸孝允さんのお墓があります。
となりには幾松さんのも。
 
ここは、幕末ファンは行かなければダメでしょうー
と思ってたんですけど、、、意外と来る人少なかった・・・。
龍馬さんのほうが人気あるのはわかるんですけど。。。もったいない。
 
 
■霊山歴史館
さて、この神社の向かいに、資料館があります。
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
 
ここは、時間があればぜひとも訪れてみてください。
新選組にまつわる資料などが展示されています。
現在ですと、篤姫ブームということで、西郷さん関連も結構あります。
龍馬さんの命を奪ったといわれている刀とかもあったかな。
 
 
■龍馬坂(おまけ)
f:id:AssamEarlgray:20081001005410j:image
ずーっと下っていくと、神社の下へ。。。
 
 
長々とかなり簡単に説明してしまいましたが、
ざっくり1日目終了です。
もっと大きな写真を見せたいのですが、
容量や、携帯での閲覧を考えて、とりあえずこの大きさで。
 
い、いずれ、ホームページ立ち上げますから。。。
(いつになることやら・・・)
 
 
それとあまり関係ないかもしれませんが、
墓石の写真などを撮るときは、手を合わせてから撮ってます。
心の中で「撮らせていただきます」と念じながら・・・
無断でパシャパシャ撮るのは失礼ですからね。
前回はきちんと線香を持っていったのですが、
普通の墓地でないところで、火を使うのも危ないので、
今回は無しで伺いました
 
 
ということで、次は2日目に続きます~。
なるべく早くUPしますので、お待ちを。。。