DTM≪序章1~購入~≫

以前からやってみようと思っていたが、なかなか腰をあげなかったDTM。
元々ピアノプレイヤーなので(名前だけ・・・)、アナログからデジタルの世界に行くことにためらいを感じてたんですね。
それでも、やっぱり自分一人の演奏には限界があるので、DTMの世界に足を踏み入れてみることにする。
DTM環境について
なんでも始めるにはお金がかかる。まずは環境をセッティングしなければと調査を始める。
まず、シーケンスソフト探し。
根っからの海外物(特に独製)に弱いわたくし。
目をつけたのは、【CuBase】・・・初心者なのに恐れ多いと思います。
で、いろいろなサイトや本屋で立ち読み、半月ほど調査をしました。・・・が、なんなく断念。
やっぱり初心者には荷が重いのではないかと考察し、和製を調べる。
候補選出、【SOL2】と【SingerSongWriter】
軍配が上がったのは【SOL2】
 理由其の壱:新しいものに弱い
 理由其の弐:昔購入したEOS-B900もYAMAHA製なので
これで満足と思いきや、なんだか音源やらを買わないときついとのこと。
ソフト音源を使おうと思ってたのですが、リアル入力が厳しいと。
・・・。・・・。・・・。
えーい、ボーナスをもってけドロボー!
泣く泣くHELLO-MUSIC(MU500)を買う決断をする。
結局、環境の問題で、パソコンも買わなければなぁ~と。
まあ、前から買い換えようとしていたので、いい機会だったのですが、出費が・・・。
もうわけがわからなくなり、ハイスペックでパソコン購入。
【スペック=CPU:3GHz、HDD:160GB、メモリ:1GB】
こんないきなりの散財から私のDTMは始まりました。

28話:池田屋

DVD録画に失敗して、1回しか観ていないので土曜日以降に書き込むことにする。

海の上のピアニスト  ★★★★★

趣味がピアノと自称しているので観よう観ようと思って、ずっとおざなりになって
いた作品。
いやぁ、すごく楽しかったです。楽しいという表現は語弊がありますね。とてもせ
つなかったです。
主人公の人生はあれで満足だったのかなぁと。
しかし、船の中でしか生きられないというのも考えてみると、人間は地球でしか生
きられない(今のところ)。しかも、その中でも自分が活動している範囲としてはど
うなのか?そんなに広い場所で生活しているようには思えません。
でも船と共に沈んでいく様は、ただただ哀しかったです。
 
他には、やっぱり音楽が最高ですね。エンニオ・モリコーネさん、ピアノ曲最高です。
これは楽譜をゲットして演奏してみたい!
それと洋題は「1900*1」なんですよね。
まあ「海の上のピアニスト」の方がわかりやすいと思いますが、洋題でもかっこよ
かったかなぁと思いました。

 
海の上のピアニスト 

 

海の上のピアニスト

 

 
 

 

*1:ナインティーンハンドレッド

サウンドトラック

映画やテレビのサントラが好きです。
最近は、まったくもってオリコンチャートがわからない。
「歌」より「曲」が好き♪
(と、言いながらも好きなシンガーはいますけど。)
最近は、【新選組!】と【パイレーツ・オブ・カリビアン】と、
【踊る大捜査線】をよく聞いてます。
特に、新選組とパイレーツ~は聴いた瞬間、
「これだっ!!」って直感して即購入。

 
 

[MUSIC]大河新選組!  ★★★★★

 
   服部隆之氏が手がけています。
   彼の曲は他に【HERO】(キムタク主演)も好きです。
   他にも多数作曲していますが、私がハマったのはこの2つ。
   新選組CDは題名がそのときの情景にものすごくはまっています。
   これは、映像をじっくり見て曲を作るという、本来のドラマ曲とは
   異なった方法をとっているので、とても感情移入できます。
   (さすが天下のNHKです)
   メインテーマのジョン・健・ヌッツォの歌部分。涙を誘います。
   前半の曲はとても躍動感があり、
   未来に向かってまっすぐ突き進む隊士たちが目に浮かぶようです。
   後半の曲になると、タイトルも波乱に満ちてきますが、
   やはり今後の新選組の運命を感じてしまいます。
   鳥羽伏見戦はこの曲か?、最終回はこっちか?と、
   その情景を感じてしまいます。
   感受性が強い人は、聴くのを控えたほうがいいかも(@_@;)

[MUSIC]パイレーツ・オブ・カリビアン  ★★★★★

 
   こちらは、日本でもブレイクしましたねぇ~。
   男女問わず、ジョニー・デップに釘付けでしたね。
   ちなみに私もその一人です。
   しかし、映画よりも音楽のほうに興味を持ちました。
   上映中、これは買うべきだって何回思ったことか。。。
   この音楽がアカデミー賞取れなかったのが悔やまれます。
   たしかに、【Load of the Ring】もよかった。
   (Load~もめちゃくちゃ好きな映画です。祝映画化!)
   でも、音楽はパイレーツ~の方が、私好みです。
   迫力あるBASS音やバイオリン系に弱いです。
   今のところ、マイベスト・オブ・サントラに君臨しています。

[MUSIC]踊る大捜査線  ★★★☆☆

 
   これは、DVDでMOVIE2を観た翌日に買いに行きました。
   以前から、気になってはいたのですが、
   買うまではいかなかった。理由はわかりませんが…。
   購入後、即聴いてみる・・・・・・・・・・が、、、、
   『あれぇ~、聴いていてこんなにつまらない曲だっけ?』
   すごく落ち込みました。
   よくよく見てみると、Remixになっていました。。。
   ホント5回ほど聴くまで、全く馴染めなくて、
   ヘコんでいました。最近、クラシックなどのオーケストラ系統を
   好んで聴いていたので、コンピューターの音に
   馴染めなくなっていたのでしょうかね。
   決して、コンピュータ音楽が嫌いではないです。
   TM NETWORKはすごく好きだし(まあちょっと違うかな)
   でも5回聴いたら、慣れてきたのかどんどんはまりました。
   これから、自分自身もDTMをやろうと考えているので、
   とても勉強になります。
   しかも、聴くうちに音も深いなぁと感じてきました。
   決して、けなした評価ではありません。
   自分が未熟だっただけですね、松本晃彦様、ごめんなさいっ!!

 
踊る大捜査線 

 

踊る大捜査線

 

 

第26話「局長近藤勇」

1週間待ちに待った新選組♪
DVDをセットして、テレビの前に座り込む。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・45分経過。
えっ、山南さんの出番、これだけ?
いつの間にか総長になってるし、耆三郎とのツーショット…。
微笑みは健在。ショム???あぁ、庶務か。
あれ?ガイドブックに載っていた、近藤さんとの植木のシーンは?
もしかして、…カット?
Noooooooooooooo!!
もう、出番もカウントダウンなのに、
そんなシーンカットされるなんて、……いとかなし。
そんな中、武田観柳斎のシーンはよかった。
八嶋さんもいい味だしていて、キョトン(ポカン?)としている
土方&山南コンビが可愛い。。。
来週からは池田屋事件編になるので、またもや出番が…。
その後は、悲しみに一直線だし。

 
 
とりあえず、vs鴨との(正確には平間&平山か)殺陣でも観て、
この気持ちを抑えよう。

 
新選組!前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 

 

新選組!前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 
新選組! 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 

 

新選組! 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

     

  • 作者: NHK出版
  •  

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  •  

  • 発売日: 2004/06/26
  •  

  • メディア: ムック
  •  

 

 

新パソコン

パソコン買いました。
DTMをやろうと考えていたら、スペックが足りなかった。
仕方がないので、なけなしのお金を叩いて買いました。
「買うからには、ハイスペックでしょ!」と、
突っ走り持論で、かなりのハイスペックにしてまったら、
テレビ端子付きモニターが買えなくなってしまった。
まあ、いいか。。。でも、ハードディスク録音したい。。。

シルミド ★★★★★

映画を観てきました。
戦争系の映画が好きな私ですが、
今までアジア系はほとんど観たことがありませんでした。
しかし、予告編でこれは観てみようと興味を覚えました。
観てない人もいるかもしれないので、ネタバレしないよう感想を。
久しぶりに大号泣(!?)しました。
偏っている気もします。彼らが英雄視されてよいのだろうか?
とも思います。しかし、涙を誘う映画です。
何よりも俳優さんの演技力がすばらしかった。
創作と銘打っていますが、では史実は?との疑問点も抱かせる
作品だと思いました。
最近、疲れがたまっていて、映画やドラマで泣くことも
少なくなりましたが(これは歳のせいか?…。)、
涙を流せて気持ちよかったです。

 
シルミド / SILMIDO 

 

シルミド / SILMIDO

 

 
 

楽しみごと

最近の楽しみといえば、NHK大河「新選組!」を観ること。
若々しい面子に惹かれました。
私の大河歴というと、独眼竜正宗・武田信玄・利家とまつ…。
それ以上にこの大河はハマっています。
何にハマったかというと。。。
最近人気急上昇(!?)の山南役の堺雅人さん。
初めはそこまで意識していなかったのですが、
彼の微笑と声にどんどんと引き込まれ、
ついには他の出演映画も、サクサク観る始末…。
久しぶりに芸能人のファンになりました。
まあ、この辺は追々語っていこうと思います。

前おき

今日から初めて書こうと思いますが、
とりあえず、気になったことをポツポツと。