タグ : サウンドトラック

ザ・ロック

少しWEBの話題が続いたので、息抜きにでも。
それと、ためしにはてなダイアリーのように、
キーワードリンクを自力で入れてみました・・・
 
先週の土曜日は、少し調子が悪かったので、
自宅でDVDを観ていました。
 
何を観たかというと、こちら・・・
 

 

ザ・ロック 特別版 
ザ・ロック 特別版 

 

 

 

 

 
 
 
もう、、、12年も前野の作品なんですねぇ・・・。
高校生のころだと、あまり映画には行ってなかったので、
全く観たことなかったですわ。
 
私の戦争映画熱が上昇したのは大学のときなので・・・
 
なぜ今この作品かというと、
過去日記のコチラ→2007.04.27でも紹介しましたが、
先に、サントラを気に入ってしまいまして・・・。
 
私の好きな、ハンス・ジマーさんが関わってるので、
サントラから入りました。
 
ここから多少ネタバレがありますので、お気をつけください。
 
 
ザ・ロックと呼ばれるアルカトラズ島刑務所が舞台です。
アメリカ海兵隊員の英雄がテロ事件を起こし、
そこで人質を取り、VXガス積んだロケットで脅迫する
 
人質救出のために、
かつてアルカトラズ島から唯一脱出できた大尉と
化学兵器のスペシャリストが、
米海軍特殊部隊に同行する
 
あらすじはざっとこんな感じなのですが、
この大尉というのがショーン・コネリー
化学屋がニコラス・ケイジ なのです。
 
 
いやぁー、ショーン・コネリーがかっこよくて・・・。
おじさまの渋みというのでしょうか^^;
さすが007 (^-^)
 
まあ、途中で特殊部隊が全滅するというのは、
予想してたとおりなのですが、
やっぱり二人だけ生き残って、
何人もの元軍人相手に戦うのって、
 
相当無茶だよなぁー、と少し思いますw
 
それでも、最後のVXガスを取り外すときには
ハラハラし、ニコラス頑張れと応援してました。
ただ、外れたーと思ったら、、、
 
連絡が取れなかったために、
アルカトラズ島を迎撃しにきた空軍がミサイル発射・・・
あわれ、ニコラスが直撃?と思いきや、、、
 
巻き込まれて海へ投げ出されましたが、
ショーンに助けられ、運良く無事でした。
 
最後の二人の友情というのでしょうか。
二人で戦ったという絆には心を打たれました。
 
何よりも、バッドエンドが嫌いな自分なので、
ハッピーでよかったです~。
 
ただ、テロを起こしたほうも理由があったので、
それはそれでつらいですね。。。
 
 
ドンパチものなので、少しグロい部分もありますが、、、
まだ観てない人にはおすすめの作品です。
もちろん音楽も最高です。
 
 
ちなみに、少しネットで調べてみたら、
監督はマイケル・ベイなんですねぇ。
アルマゲドンパールハーバーを作った監督です。
 
そして、製作にジェリー・ブラッカイマーが関わってます。
この人も↑の作品両方とも関わっており、
よくベイとタッグを組んでるんですねぇ。
パールハーバーもハンス・ジマー関わってるし、
こんな大御所たちが作ってるのなら、そりゃいい映画ですね。

華麗なる一族 ★★★★☆

 
下記、ちょこっとした感想です。
 
 
 
結構話題になってましたよね。
サントラが売れてると。
 
 
えぇ。もちろん私も持ってますよ( ̄ー ̄)
 
 
服部隆之さんですから、重厚な音楽です。
この方は、NHK大河新選組!の音楽も手がけてます。
他にもテレビサントラも多数やっており、
三谷さん脚本のが多かったりします。
 
 
このなかでは、何よりもテーマ曲がいいですね。
テレビのエンディングで聴いていたときもすばらしかったですけど、
やっぱりオケっていいなぁっと思います。
 
 
これは、生演奏で聴いてみたいなぁと思ってます。
どこかで、やらないかな~。
 
 
ドラマを観ていた人も、観ていない人も、
一度聴いてみてくださいませ。オススメデス。
 
B型かよっ → blogランキング
 

僕の歩く道 ★★★☆☆

 
下記、感想です。
 
 
このドラマは癒し系でしたね。
もちろん音楽も癒し系でした。
 
 
作曲した人は本間勇輔さんというかたなのですが、
どこかで聴いたことあるなぁと思っていたら、
 
 
あ、古畑だったっけな。
 
 
と調べてみると、やっぱり!!
古畑任三郎の曲を作った人でした。
でも、他の作品を見てみると、この方、凄い方なんですねぇ。
 
 
80年代中盤から90年代前半まで色々なアニメの曲を手がけています。
まさに、私の世代でございます。
 
 
おそ松くん(新しい方)、平成天才バカボン、幽遊白書、
 
 
あ、世にも奇妙な物語も作ってますね。
まさしく、私がお世話になったテレビばっかりです。
 
 
ただ、この人の素晴らしさは、どれもイメージが変わるんですよ。
前述の服部さんとか、それと久石さんとかは、
聴いてると気づいたりするんですよね。
この方は、いろんなイメージを持っているんでしょうね。
どれも、違った印象なんです。
 
 
さて、僕の歩く道に戻しますが、テーマ曲もいいですが、
私のオススメは、テルが自転車に乗ってるときに流れる、
3曲目『The Way To The Zoo』です。
他も、ココロが少し軽くなるような曲が多いです。
 
 
ぜひ、天気が良い日に散歩しながら聴いてみてください。
いつもの景色も少し違って見えるかもしれません。
 
やっぱりカレーはチキンカレー → blogランキング
 

Tarzan ★★★★☆

 
Tarzan: An Original Walt Disney Records Soundtrack 

 

Tarzan: An Original Walt Disney Records Soundtrack

     

  • 出版社/メーカー: Edel
  •  

  • 発売日: 1999/05/18
  •  

  • メディア: CD
  •  

 

 
 
はい、ディズニーのアニメーションです。
 
 
こちらは、もちろんフィル・コリンズさんの歌が最高です。
最初のイントロは、不思議な楽器の音色が響きます。
民族系の太鼓や笛など。
そして、フィルの通る歌声と重なって、盛り上がっていきます。
 
 
このアニメは何年前でしたっけね。
確か、映画館で観たんですよ。
ストーリーは忘れてしまったんですけど(^^;)
 
 
実は、あまりアメリカのアニメって、顔がなじめないんですよね。。。
日本のアニメが一番だって思っていたので。
ただ、ディズニーだし行ってみようと思って観てみると、、、
 
 
動きがすげぇー (゜д゜;)
 
 
あの当時のCG技術というんですかね。
ターザンが、木々を移動する場面の動かし方・展開の仕方に
とても心を打たれたことを記憶しています。
 
 
同時に音楽がいいなーと思ってました。
ただ、あの当時はお金に余裕がない大学生だったので、スルーしました。
そして、ずっと忘れておりまして、、、
最近レンタルを物色していたら目に留まったので借りてきました。
 
 
いやー、借りてよかったーと思います。
ラテン系の曲がとても多いので、
今から夏に向けてとても聴きやすい曲だと思います。
この曲を聴くと身体を動かしたくなりますね(^-^)
 
 
民族楽器系の曲が好きな人は、ぜひ!!
 
あ~ああぁ~ → blogランキング

THE ROCK ★★★★★

 
ザ・ロック ― オリジナル・サウンドトラック 

 

ザ・ロック ― オリジナル・サウンドトラック

 

 
 
これも、まだ映画は未視聴です。
映画サントラのラジオで聴いて、グッときたので。
 
こちらは、パイレーツオブカリビアンに似ています。
前述のBACKDRAFTより、こちらのほうが重厚で好きです。
 
オススメは最後の曲『The Chace』という曲です。
ベース音がドンドコ鳴り響き、走りたくなる気分です。
 
 

BACKDRAFT ★★★★☆

久々に音楽の紹介です。
今年は、結構サントラを増やそうと思い、聴きました。

 
バックドラフト 

 

バックドラフト

 

 
 
2曲目の『Fighting 17th』は結構有名ですね。
『料理の鉄人』での曲に使われていました。
 
 
実は、まだ映画は観ていないんですけどね・・・。
 
 
ハンス・ジマーさん作曲なので、重厚な音楽になっています。
エンディングテーマなのかな?
最後の『The Show Goes』という曲もオススメです。
 
とりあえず、DVDも面白そうなので、近いうちに観ます。
 
 

The Last Samurai ★★★☆☆

 
ラスト・サムライ 

 

ラスト・サムライ

 

 
 
これもハンス・ジマーさんです。
日本をテーマにしているので、ちょっと曲調も和風です。
オススメは、『Red Warrior』かな。
 
実は全体的には、そこまで好きなサントラではないです。
今思ったのはクリムゾンタイドみたいなサントラですかね。
ただ、映画にあわせて聴くのがとてもいいですね。
これは、ちゃんと映画館で見てますので、はい。
 

サウンドトラック

映画やテレビのサントラが好きです。
最近は、まったくもってオリコンチャートがわからない。
「歌」より「曲」が好き♪
(と、言いながらも好きなシンガーはいますけど。)
最近は、【新選組!】と【パイレーツ・オブ・カリビアン】と、
【踊る大捜査線】をよく聞いてます。
特に、新選組とパイレーツ~は聴いた瞬間、
「これだっ!!」って直感して即購入。

 
 

[MUSIC]大河新選組!  ★★★★★

 
   服部隆之氏が手がけています。
   彼の曲は他に【HERO】(キムタク主演)も好きです。
   他にも多数作曲していますが、私がハマったのはこの2つ。
   新選組CDは題名がそのときの情景にものすごくはまっています。
   これは、映像をじっくり見て曲を作るという、本来のドラマ曲とは
   異なった方法をとっているので、とても感情移入できます。
   (さすが天下のNHKです)
   メインテーマのジョン・健・ヌッツォの歌部分。涙を誘います。
   前半の曲はとても躍動感があり、
   未来に向かってまっすぐ突き進む隊士たちが目に浮かぶようです。
   後半の曲になると、タイトルも波乱に満ちてきますが、
   やはり今後の新選組の運命を感じてしまいます。
   鳥羽伏見戦はこの曲か?、最終回はこっちか?と、
   その情景を感じてしまいます。
   感受性が強い人は、聴くのを控えたほうがいいかも(@_@;)

[MUSIC]パイレーツ・オブ・カリビアン  ★★★★★

 
   こちらは、日本でもブレイクしましたねぇ~。
   男女問わず、ジョニー・デップに釘付けでしたね。
   ちなみに私もその一人です。
   しかし、映画よりも音楽のほうに興味を持ちました。
   上映中、これは買うべきだって何回思ったことか。。。
   この音楽がアカデミー賞取れなかったのが悔やまれます。
   たしかに、【Load of the Ring】もよかった。
   (Load~もめちゃくちゃ好きな映画です。祝映画化!)
   でも、音楽はパイレーツ~の方が、私好みです。
   迫力あるBASS音やバイオリン系に弱いです。
   今のところ、マイベスト・オブ・サントラに君臨しています。

[MUSIC]踊る大捜査線  ★★★☆☆

 
   これは、DVDでMOVIE2を観た翌日に買いに行きました。
   以前から、気になってはいたのですが、
   買うまではいかなかった。理由はわかりませんが…。
   購入後、即聴いてみる・・・・・・・・・・が、、、、
   『あれぇ~、聴いていてこんなにつまらない曲だっけ?』
   すごく落ち込みました。
   よくよく見てみると、Remixになっていました。。。
   ホント5回ほど聴くまで、全く馴染めなくて、
   ヘコんでいました。最近、クラシックなどのオーケストラ系統を
   好んで聴いていたので、コンピューターの音に
   馴染めなくなっていたのでしょうかね。
   決して、コンピュータ音楽が嫌いではないです。
   TM NETWORKはすごく好きだし(まあちょっと違うかな)
   でも5回聴いたら、慣れてきたのかどんどんはまりました。
   これから、自分自身もDTMをやろうと考えているので、
   とても勉強になります。
   しかも、聴くうちに音も深いなぁと感じてきました。
   決して、けなした評価ではありません。
   自分が未熟だっただけですね、松本晃彦様、ごめんなさいっ!!

 
踊る大捜査線 

 

踊る大捜査線