タグ : 映画

相棒 XDAY を観て来ました

久々のブログ更新ですね。。。 
どうにも書く気が起きず、、、 
とはいえ、こういう感想は残しておかねば!ということもあり久しぶりにぺちぺちと。 
 
さて、相棒は初日に観て来ましたよ! 
 
 
THE イタミン! 
 
 
まだご覧になってない方もいると思いますので、 
とりあえず前半はSeason11も含めてネタバレしない感想を。 
 

続きを読む

相棒-劇場版II-

JUGEMテーマ:映画

ネタバレは後ほど下の方に分からないよう記載しますので、 
ご心配なく…。 
 
 
観てきましたよー。相棒! 
 
 
舞台挨拶のチケットはゲットできなかったので、 
初日の本日、近くの映画館で朝一で観てきました! 
初日の朝一に行ったのなんて、 
「ロード・オブ・ザ・リング最終章」以来です。 
 
 
いやー、クオリティ高かったですよ。 
さすが力入れてるだけありますね。 
2時間、飽きることなく楽しめました。 
 
 

…いや、、、重かった、、 
 
 
というのが率直な感想ですかねぇ。 
出演陣がいいんですよねぇー。 
新しい役の方々が沢山おりまして、 
皆さんが相棒の世界にピタっとはまっているんです。 
 
 
音楽もアレンジバージョンがとても良かったですねぇ。 
 
 
あ、パンフはこちらです。 
 
 
 
そして、初日限定の神戸ポストカード。 
 
 
 
ちょこっとグッズもあったので、買っておきました。 
 
 
そうそう初日の朝一だというのに、 
幅広い年齢層の方が沢山いらしておりました。 
小学生から年配の方まで。 
改めて愛されてるドラマだと感じました。 
 
 
まだ観てない方がほとんどだと思いますが、 
相棒ファンの方ならぜひ行ってほしいですねー。 
なるべく早いうちに…。 
 
 
というわけで、、、 
この下のほうからネタバレになりますー。 

とはいえ、目にも入るのも微妙なので、 

文字色を背景色と同色にしておきますので、 

ネタバレを知りたい方は、ドラッグして反転してください。 
(2011/03/13追記) Season9の最終回も放送され、そこそこネタばれしたので、 
オープンにしておきますね。 
 
 
 
さて…。。。 
もう、、、 
 
 

官房長ーーーーーー。・゚・(ノД`)・゚・。 
 
 
でしたよねぇ。。。 
まさかの官房長の退場…。 
亡くなるとは思わなかった…。 
刺されたときも、いや重体で病室で話すんだよね、 
と思って疑いもしなかったです。。。 
 
警察葬のシーンが出て、 
 
 

あああぁぁぁぁぁ、マジでーーーーーー!? 
 
 
放心状態ですよ。 
 
 
そして一応の解決はついたものの、 
長い戦いは始まったばかりという…。 
どこまで視聴者を苦しめるのだーーー。 
 
 
またエンディングの音楽が「終わりの始まり」なんですよね。 
 
 
映画としての満足感はものすごく味わったんですが、 
同時にどうにも立ち直れない喪失感も…。 
 
 
小野田官房長がいなくなるなんて、考えてもなかった。 
普通なら安定感のあるレギュラーは、 
いなくならないのが普通だと思ってたんですが、 
相棒スタッフの勇気の決断は凄まじいなぁと。 
 
 
そうそう、神戸とラムネのシャワーシーンはwww 
あれは確実に女性ファンを喜ばすためだなw 
そして神戸と陣川の初対面。 
前半はスゴク楽しかったんだけどなー。 
後半は重くのしかかっていきました。 
 
 
ちょっと残念なのは捜査一課が少なかったなぁ。 
まあ、今回は亀山ではなく神戸なので、 
伊丹ではなく大河内との絡みが多くなってしまったんでしょうね。 
 
 
これがどこに繋がっていくのかな。 
今回から宇津井さんが警察長官役で参加されましたが、 
悪い感じがイヤですねぇw 
黄金の豚でも似たような役だったので、若干かぶってます。 
 
 
ということで、観終わったあとは、 
官房長のことで頭がいっぱいでしたw 
Twitterでのつぶやきを観ても、皆さん同じ気分だったようで。 
 
 
と、とりあえず、あと1回は観に行きたいと思います。 
 
 

踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!

観てきましたーーーーー!! 
 
 
 
 
ネタバレしない程度に感想を。 
いやー、面白かったです。 
あっという間の3時間でした。 
 
 
今回は踊るファンに向けた作品でしたね。 
初めての人には少し物足りない、 
ファンの方には、「あれ?そのワード聞いたことが…?」 
のような感覚でした。 
 
 
目立った感想を箇条書きに。 
 
登場人物が多すぎてちょっと盛り込みすぎかな。 
歴代の犯人の何人かが少しばかりのカットで登場するのもサプライズ。 
音楽が松本さんから交代していたため、少し弱かった。 
できれば、ドラマとSPを一度見直していったほうがよいです。 
内田有紀がはっちゃけすぎ(私は結構好き) 
室井さんの皺が更に…w 
伊集院さんがラジオで10秒くらい出てると思って実際に観たら、 
2秒しか出てないと言ってたけど、3秒は出てたと思った。 
 
ネタバレしないとこんな感じです。 
ただ、歴代のファンを唸らせようとしている作りからか、 
ちょっと演出がやりすぎ感はありましたねぇ。 
嬉しい悲鳴ってところですけど。 
 
 
これはもう一度上映中に観に行きたいなーと思ってます。 
かなり細かいところにいろんなネタが仕込まれているらしいので。 
おススメは、最初は何も情報を入れずに観に行って、 
2回目は探しながら観るのが良いかと。 
 
 
ちょっとエンドロール笑ったのは、 
専属ヘアメイクさんが、織田さん、深津さんはいいとして、 
吾郎ちゃん(稲垣)についてたのが、クスッときました。 
あんなちょっとのカットなのに、さすが吾郎ちゃんだわwww 
 
 

アウトレイジ

少し前に観てたのですが、遅くなりました。
 
 

 
 
行ってきました、世界のキタノ監督の最新作です。
なんとなく映画が観たいなーと思っていてこれが目につきました。
 
 
元々、戦争映画などが好きなのでそこそこのバイオレンス耐性はあります。
あ、でもバイオレンスが好きなのではなく、『男たち!』ってのが好きなんです。。。
 
 
今回、『悪党しか出てこない!』といわれていたので、
それも確かめに行ってきました。
以下、少しのネタバレがあります。
 
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
 
私はすごく面白かったです。一言あるとしたら、
 
 
ドンパチや指つめが出てくるので、苦手な人は観ない方がよいです。
 
 
さすがR15指定ですわ。
でもね、このヤッちゃんの世界はこういうものなんだから、
なるんじゃないぞ、というようにも汲み取れます。
意外とそこそこの若者も観たほうがよいかもしれませんね。
とはいえ、その大勢の中の1人が事件を犯す可能性もありますけど。。。
 
 
話を戻して、
 
 
出演した役者の方たちが、みな素晴らしかったです。
一番、かっこよかったのは椎名桔平さん。
義理堅い役というのもあって、良かったです。
 
 
それと加瀬亮さん。
若手ではかなりの演技者だと思いますが、
今回の役柄は今までのイケメン枠とは違い、
雰囲気も何もかも違っていて、数少ない若手の中では
存在感抜群でした!(パンフ上段の右端です)
 
 
塚本高史さんもチンピラのヘタリ具合が良かったしw、
あとは個性は役者の方たちなので、安定感あります。
 
 
私が好きな小日向さんは、笑顔で悪い役ができる数少ない役者さんだと思いますし、
石橋連司さん、杉本哲太さん、國村隼さん、中野英雄さんも素晴らしい悪党っぷりです。
 
 
北村総一郎さんが会長役なんですけどね、
今日から公開の踊る3でも一番上の署長ですが、
この方は自分が動かない悪党っぷりがすごくいいんですよねぇ。
(同じような存在感として岸辺一徳さんが浮かびます。)
 
 
三浦友和さんは、「あー、百恵ちゃんの旦那さん」って今でも思いますが、
(私の年はいくつなんだwww)
重厚な若頭役が良かったですね、さすがナンバー2。
 
 
たけしさんは、雰囲気俳優だと思ってます。
正直、そこまで台詞回しも上手くはなく、
他の俳優さんと演技力というものは差があると思うのですが、
そこにいるだけで、空気が変わるんですよね。
視聴者が引き込まれていくと違和感がなくなっていくのも不思議。
 
 
さて、先ほども少し触れましたが、
物語はヤッちゃん同士の下克上あり、殺人あり、のものです。
そして、ひどい殺され方がかなりあります。
 
北野監督は編集が一番好きということもあり、
カメラワークと場面展開がすごく面白くて好きですね。
「絵」として観ることができるんですよね。
 
そうそう、結構「引き」の絵が好きだと思うんですよね。
顔も判別できないような小さなところで動きだけで見せるような。
過去の27時間テレビの沖縄名人の生中継などが良い例だと思いますwww
今回もいろんな場面で出てきます。
 
 
ちなみに映画を観る時に私が注目するのは、音楽。
今回の音楽は鈴木慶一さんでした。
北野映画では「座頭市」以来のタッグです。
 
 
座頭市のときは比較的音楽と一体になった演出だったので、
ポップなノリの曲が多かったのですが、
今回は静寂が多い演出のため、重い曲ばかりですね。
そのため話の邪魔をしない静かな曲が多かったのが良かったです。
(ゲゲゲの女房の音楽もやっておられますね、これまた雰囲気違う。)
 
 
というわけで、結構おススメな映画です。
一人で見るとちょっと怖いかもw
 
 
さて、、、踊る3も観に行かねばーーーー。
 
 

ゴールデンスランバー


 
先週、観に行ってたのですが遅れました。
ゴールデンスランバー観てきました!!
 
ネタばれしないように感想を。
 
 
ここ最近の映画の中で一番面白かった…。
 
 
観終わった感想はまさしくこの一言でした。
出演している俳優さんが皆さん魅力的な人ばかりなので、
観ていてとても面白いんですよねー。
 
堺さんを筆頭に、吉岡さん、竹内さん、劇団ひとりさん、
そして日曜の夜大人気の香川さんw
更によかったのは、濱田岳さんが個性的で良かった。
金八のときも抜きん出てましたけど、良かったなぁ。
 
 
ストーリーは現実的に考えるとありえない?と
思われるかもしれませんが、
それでもなんだか納得させられます。
 
 
そして、内容がわかりやすいんですよね。
頭を使わないで観れるというか…。
決して安易な内容ではないんですが、
誘導がうまいというか…。
 
 
最近の邦画で観たのは、20世紀少年だから余計に…。
あれは頭をフル回転させますから…。
 
 
まあ、、、堺さん主演なので採点はかなり甘いです(^-^;)
 
 
それでもおススメでございます。
 
 
邦画も侮れないですねぇ。
 
 

アバター

 

勢いで、今人気のアバター観てきました。
 
 
ネタバレしないよう感想です。
 
 
 
 
3時間は、非常に長かった。
 
 
でも、すごく楽しめましたよ。
初3Dで、ここまで進化したのか~と実感。
 
 
正直、前半部分に関しては
 
 
ディズニーの技術披露のPVのようでしたw
 
 
そうそう、何年か前のターザンぽいかなぁ。
3Dメガネを3時間、、なんだかとても疲れます。
 
予告でやってましたが、
ジョニーデップが出るアリスや、
ハムスターの大活躍の映画も観たくなりました。
 
 
今後、どんどん3Dは増えていくでしょうねぇ。
 
 
パンフレット買いたかったのに売り切れだったのが残念。
 
 
そういえば、洋画は久しぶりだぁー、
2年くらい観てないと思ったんですけど、、
 
 
去年、ドラゴンボールエボリューション観たんだったorz
 
 
あれはヒドすぎてw、記憶から抹消されてました。
でもネタになるので、観ておいてよかったです。
ドラゴンボールもアバターくらいやってくれたら
もうちょっと良かったんだろうなぁ。。。
 
 
ディズニーの財力と技術力を見せつけられた映画でした。
 
 
あ、お勧めですよ(汗)
 
 

ドラえもん大長編 のび太の宇宙小戦争

すっごく寒いですねぇ。。。
こういう日は、家でぬくぬくテレビ三昧です。
 
先ほど、先日CSで録画しておいた
 
 
『ドラえもん のび太の小宇宙戦争』
 
 
観てました。リトルスターウォーズです~。
少し前に『鉄人兵団』も観たのですが、
今月、テレ朝チャンネルにてこちらと『大魔境』が
放送されたので、ついつい録画。
 
 
懐かしいーと感じて思わずじっくり観てました。
特にDVDを借りるほどではないんですが、
テレビでやってるなら観たい!という気分です。
 
 
さて、リトルスターウォーズはなんといっても
主題歌が最高なんですよねぇ。
 
 
武田鉄矢さんの『少年期』です。
 
 
ちなみに、カラオケやCDで探すときは
海援隊ではなく武田鉄矢で調べなければならないんです。
(それは『声援(金八3)』の歌も然り・・・)
 
 
脱線すみません。
 
 
この話はハッピーエンドなんですよね~。
そこがまたいい。
『鉄人兵団』は、悲しいラストシーンのため大号泣しましたから。
そして、最後に少年期の歌で終わるのが、
心にしみました。
 
それとリトルスターウォーズは、のび太の活躍よりも
ジャイアンとスネオの活躍が目立ってましたねぇ。
 
 
さて、明日は『大魔境』を観よう。
この話もハッピーエンド系ですね、確か・・・。
(うろおぼえですが)
これはのび太が活躍したような・・・。
 
 
今度『海底鬼岩城』やってくれないかなぁ。。。
これも泣けるんですよねぇ。
 
 
最近、アニメ率が多くなってますw
しかも、過去のアニメばかり。
昔を懐かしみ?
また後で感想でも書こうと思います~。
 
 

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ) [DVD]

主演:大山のぶ代,小原乃梨子
参考価格:¥3,990
価格:¥3,161
OFF : ¥829 (21%)

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

 
 
現在公開している、つよポン主役の映画、
 
BALLAD 名もなき恋のうた
 
この元ネタとなっている
 
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
 
この間、CSで放送されていましたので視聴。
 
とはいえこの映画、大人が感動すると以前から評判だったため、
2~3年前くらいにYouTubeでザックリ視聴したために、
話の内容は知っていました。
 
YouTubeで観たときもそうだったのですが、、、
 
 
大号泣
 
 
しました・・・。
 
しかも、以前よりも早い段階で・・・。
 
 
アニメには思えないくらい戦国の描き方がとても良く、
クレヨンしんちゃんのおもしろテイストも残しつつ、
恋愛要素もあって・・・。
 
 
今回の映画も観にいってみたいんですが、
私の中では、20世紀少年に軍配があがったため、
まだ観ておりません。
 
つよポンだしなぁ、結構気になります。
任侠ヘルパーの演技も好きでしたし・・・。
 
 
最近、お年を召したせいか、涙腺が弱いです。
この間も、ドラえもんの鉄人兵団で大号泣したし。
特に昔感動したアニメやドラマを観てしまうと駄目ですね。
パブロフの犬状態で泣いてしまいます。
 
 
しんちゃんのほうを観ていないかた、
ぜひこちらオススメです。
 
勇気を出してレンタルしてみてください。
追記)明日9/19(土)13:59~ テレ朝で放映するようです!
 
 
 
・・・しかし、、、
 
 
臼井先生は何処へ・・・。
 
 

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

  • 出演:矢島晶子, ならはしみき, 藤原啓治, こおろぎさとみ, 屋良有作
  • 監督:原惠一
  • 参考価格:¥ 3,990(税込)
  • 価格:¥ 3,162(税込)
  • OFF:¥ 828(21%)

 

20世紀少年 最終章

ぶ、無事に2日連続記入することができそうです。
 
しばらく他のお友達のblogも閲覧してないので、
そろそろ閲覧せねばと・・・。
ほんと、ご無沙汰ですみません~。
 
 
さて、先週末に話題の映画、
 
20世紀少年 最終章
 
こちら、観にいってきました!!
 
 
パンフゲット。
20世紀少年 最終章
 
 
3部作なのですが、映画館に観にいったのは今回初めて。
浦沢直樹さんはパイナップルアーミーから好きなので、
漫画は全て持っています!
(でも一番好きなのは、マスターキートン)
 
 
ただ、、、漫画版は、
 
 
ラストがいただけなかった orz
 
途中まではすっごく面白かったんですが、、、
わかりにくいお話ってあまり好きじゃないので、
ラストにがっかりした人間です。
思う気持ちは人それぞれなので、絶賛した方もいると思いますが・・・。
 
 
ただ、映画だとラストが違うと噂されていたので、
気になって、気になって、今回観にいっちゃいました。
 
 
ネタバレ注意しながら感想を述べたいと思いますが、
 
 
なるほどなぁ~、原作より好きかも。
 
 
という感じです。
多少、強引で乱暴なまとめ方もありましたが、
わかりやすかったです、はい。
 
 
さすが堤監督だなぁと思いました。
 
 
しかし、結構、原作のほうがよかったという方が多いので、
私の意見はあてにならないと思いますが・・・。
でも、原作知っている方は飽きないと思います。
テンポが速いので、あっという間に時間が経過します。
 
 
そして!!!
 
 
エンドロールが終わってからも物語は続きますので注意!
 
 
最近、邦画を観にいくのが多くなってるなぁと思う今日この頃です。
 
 

ザ・ロック

少しWEBの話題が続いたので、息抜きにでも。
それと、ためしにはてなダイアリーのように、
キーワードリンクを自力で入れてみました・・・
 
先週の土曜日は、少し調子が悪かったので、
自宅でDVDを観ていました。
 
何を観たかというと、こちら・・・
 

 

ザ・ロック 特別版 
ザ・ロック 特別版 

 

 

 

 

 
 
 
もう、、、12年も前野の作品なんですねぇ・・・。
高校生のころだと、あまり映画には行ってなかったので、
全く観たことなかったですわ。
 
私の戦争映画熱が上昇したのは大学のときなので・・・
 
なぜ今この作品かというと、
過去日記のコチラ→2007.04.27でも紹介しましたが、
先に、サントラを気に入ってしまいまして・・・。
 
私の好きな、ハンス・ジマーさんが関わってるので、
サントラから入りました。
 
ここから多少ネタバレがありますので、お気をつけください。
 
 
ザ・ロックと呼ばれるアルカトラズ島刑務所が舞台です。
アメリカ海兵隊員の英雄がテロ事件を起こし、
そこで人質を取り、VXガス積んだロケットで脅迫する
 
人質救出のために、
かつてアルカトラズ島から唯一脱出できた大尉と
化学兵器のスペシャリストが、
米海軍特殊部隊に同行する
 
あらすじはざっとこんな感じなのですが、
この大尉というのがショーン・コネリー
化学屋がニコラス・ケイジ なのです。
 
 
いやぁー、ショーン・コネリーがかっこよくて・・・。
おじさまの渋みというのでしょうか^^;
さすが007 (^-^)
 
まあ、途中で特殊部隊が全滅するというのは、
予想してたとおりなのですが、
やっぱり二人だけ生き残って、
何人もの元軍人相手に戦うのって、
 
相当無茶だよなぁー、と少し思いますw
 
それでも、最後のVXガスを取り外すときには
ハラハラし、ニコラス頑張れと応援してました。
ただ、外れたーと思ったら、、、
 
連絡が取れなかったために、
アルカトラズ島を迎撃しにきた空軍がミサイル発射・・・
あわれ、ニコラスが直撃?と思いきや、、、
 
巻き込まれて海へ投げ出されましたが、
ショーンに助けられ、運良く無事でした。
 
最後の二人の友情というのでしょうか。
二人で戦ったという絆には心を打たれました。
 
何よりも、バッドエンドが嫌いな自分なので、
ハッピーでよかったです~。
 
ただ、テロを起こしたほうも理由があったので、
それはそれでつらいですね。。。
 
 
ドンパチものなので、少しグロい部分もありますが、、、
まだ観てない人にはおすすめの作品です。
もちろん音楽も最高です。
 
 
ちなみに、少しネットで調べてみたら、
監督はマイケル・ベイなんですねぇ。
アルマゲドンパールハーバーを作った監督です。
 
そして、製作にジェリー・ブラッカイマーが関わってます。
この人も↑の作品両方とも関わっており、
よくベイとタッグを組んでるんですねぇ。
パールハーバーもハンス・ジマー関わってるし、
こんな大御所たちが作ってるのなら、そりゃいい映画ですね。