祖父が他界いたしました

ご無沙汰しておりまして、すみません。
私事でありますが、先週祖父が他界いたしまして、
本日、葬儀が終わり、
自分のなかでなんとなくではありますが、
今日まで喪に服しておりました。
 
私事ですみませんが、少し長文になります。
 
年末からだいぶ調子が悪いということで、
以前から覚悟はしていたのですが、
やっぱり悲しかったですねぇ。
 
 
11月の誕生日に、記事にしたばかりだったのですが。
享年98歳(96歳)でした。
 
 
一緒には住んでいなかったのですが、
車で30分くらいの場所だったため、
小さいときからかなり頻繁に訪れてました。
 
何せ、孫が私と兄のみだったものでして(^^;
それはエライかわいがっていただきました。
学生のときはしょっちゅう泊まっていましたしねぇ。
 
かなり無口な祖父だったので、会話は少なかったですが、
よく一緒に自転車で買い物に行ったなぁとか、、、
大工だったため、いろんなもの作ってもらったなぁとか、
夏には大量にかぶとむし捕まえてくれたなぁ・・・
 
いろんな思い出がありました。
 
六年前に祖母が亡くなってからも、
一日一日を大事に過ごしておりました。
本当は、ひ孫でも見せてあげるのが一番よかったんでしょうが、
こればっかりは・・・(兄ともどもふがいない孫でして・・・)
 
その代わり、犬のアール君をとてもかわいがってくれました。
母が毎週2回くらい介護に通ってましたので、
一緒に連れて行ったのですが、
まだまだ元気なときはいつも食べ物をあげていました。
待ってるんですよねぇ~、ホント動物って偉大です。
 
 
不思議な話、亡くなった時にアール君もいたのですが、
亡くなる直前から、いつもよりかなり吠えていたらしいです。
動物って何かを感じてたのかもしれませんね。
その後も不思議体験がありましたが、それはまた後日。
 
 
ふと思うのは、年末から危なかったのにも関わらず、
正月3日を超えて、4日に亡くなったのですが、
お正月が命日になると、毎年つらかったと思います。
人に気を使う祖父らしいなぁと。
 
 
ホントよく頑張ったなぁー。
ありがとうという言葉では片付けられないくらい、
いろんなものをもらいました。
こんなフラフラした適当なゆるーい孫ですが、
祖母と共に空から見守ってくださいと。
 
 
ちなみに、まだ父方の祖母は元気にしておりますので、
長生きしてほしいです。
でも高齢ですからね、なるべく会いに行かないとなぁ。
 
 
というわけで、また明日から書いていきます。
よろしくお願いいたします
 

  1. おじいさま、旅立たれたのですね。
    お悔やみ申し上げます。
    思い出、たくさんおありでしょう。
    折にふれ思い出されることでしょう。
    そんな時間を大切になさってね。
    おじいさまは、これからはおばあさまと一緒に
    見守っていてくださいますよ。
    かみつれさんもご家族もお疲れがでないように、
    落ち着かれたらゆっくりされてくださいね。

    • かみつれ(管理人)
    • 2009 1/14 11:33pm

    >にゃんごろさん
    ありがとうございます。
    家族みんな一生懸命やるだけのことはやったと思ってます。祖母のときはあっという間で、半年しか介護もできず逝ってしまって、特に母は悔やんでいましたし。
    ありがたいことに、老衰でした。
    そこまで苦しまなかったのが幸いでした。
    私も祖父母が喜んでもらえるような生き方をしていきたいと思います(^-^)

    • くまきち
    • 2009 1/15 1:07am

    思い出が多ければ多いほどいろいろなことが走馬灯のように思い出されますよね。
    自分が歳を取るということは、親を始め、自分よりも年上の身内はもっと高齢になるということなんだと実感させられる今日この頃です。

    動物は敏感なのでアール君は何か感じるものがきっとあったのでしょうね。
    おじい様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  1. トラックバックはまだありません。

*