ソチオリンピック 前半編

もう前半を完全に過ぎているんですが、この後のジャンプ団体待機の間に書きます。
前回のバンクーバーのときも感動したのですが(過去日記を読む)、
今回もまたドラマがありますね。

 

この記事では、下記についての感想です。

 

フィギュア団体
フィギュアシングル男子
モーグル男女
スノーボードハーフパイプ
ノルディック複合ノーマルヒル
ジャンプラージヒル

 

かなりひとりよがりな感想で、長いですが呼んでくれる方は続きをどうぞ。

 

 

何よりもフィギュアですね。

 

開会式前に始まった今年始めての団体戦。
ワクワクしましたねぇ。

 

なんといっても、

 

プルシェンコ選手が代表です!

 

彼がSPで4回転を決めた時、ホント感動して涙が…。
フィギュアをちゃんと観始めたのって実はバンクーバからなんですよね。
それまでは流れで見ていたというか。
あ、でも本田君時代からは見てましたねー。
みどりさん時代は、あまり覚えてないなぁ…。

 

ここまで入れ込んだのはバンクーバで色々と感動してしまったからという理由です。
その一人がプルシェンコ選手だったんですよね。
正直、彼が代表になるのは今回厳しいと思っていたので。
色々とありましたが代表になったのは素直に嬉しく、
ソチに行こうかと思ったくらいですw

 

またオリンピックでプルシェンコ選手の演技が見れたことに感動しましたね。

 

日本チームは、羽生君以外緊張していたせいかあまり力を出し切れなく…。
でも、いい予行練習になったはずと思いたい…。
これから真央ちゃんやあっこちゃんが始まりますので祈りたい気持ちです。

 

話を戻して、、、団体の良い所は選手同士の応援が見れたりするのが良いですよね。
女子FSのときに駆けつけた高橋大輔選手のワイワイした様子がとても楽しかった。
しかし、リプニツカヤちゃんはいいときに出場したなぁ。
ロシア人は成長すると身体がガラッと変わってしまいますからね。
正直、今回は脅威です。でも素晴らしい演技です。

 

さて、男子シングル。
いきなりそれ書くの?と言われそうですけど、

 

羽生選手、金メダルおめでとう!

 

いやぁ、デビュー戦で金メダルを取るとは思わなかったです。
ミスが少なかったのが勝因かな。
ソチは羽生君の時代が来ると思っていたら、時代どころか君臨しちゃったよ。

 

町田選手は11位から5位までよく追い上げたなぁと。
3位惜しかったよなぁ。僅差だったもん。
しかし、まっちーはどこにいってもマイペースのポエマーまっちーでしたね。
この強い心、大好きですw

 

高橋選手。もうこれは涙無くしては語れないですね。
本人が一番悔しいだろうなと思いつつも、最後は笑顔で終わりましたね。
ソチオリンピックの舞台でも素敵でしたと伝えたいです。
6位入賞素晴らしかった。
そうそう、翌日のインタビュー時に、織田君が泣き出しちゃいましたね。
彼は高橋君とずっと一緒に頑張ってきた選手ですし、感慨深かったのでしょう。
織田くんの選手紹介など解説模様、とても愛がこもっていて好きです。
フォローが絶妙です。松岡修造さんと対局にいますが愛は同じくらいもってますねw
彼は良いコーチになるんだろうなーと。

 

で、一番ショックだったのはプルシェンコ選手の棄権ですね。
団体FSで少し構成を落としていたので、シングルで本気かと思っていた矢先でしたから。
第2グループからいそいそと見ていたのですが、棄権を伝えた時は思わず悲鳴を…。
いや、無理してたんだろうなとしか思えないですね。
よくぞ団体戦出てくれたと伝えたいです。
そして引退宣言ですからね。現役時代の演技を生で見てみたかったんですが残念です。
でも無理のない範囲でアイスショーは参加してくれると思いますので、
日本に来日してくれるといいなー。

 

そして個人的にせつないなと思ったのは、パトリック・チャン選手。
羽生君が金メダルをとれたことは素直に嬉しいのですが、
バンクーバの後、男子フィギュアを4年間牽引してきたのは、
間違いなくチャンだと思うんですよね。
そんな彼が金メダルを取れないくらいミスを連発してしまうのです…。
改めてオリンピックは怖いものです。

 

他の選手のことも書きたいのですが、終わらなくなるのでもうひとりだけ。
アボット選手。彼の演技もとても好きなんですよね。
今回は12位でしたが、SPのときの転倒はヒヤッとしました。
そこから立ち上がって、曲にも追いついて演技をし、それ以降のジャンプを飛んだ彼は
ホント素晴らしかった。拍手を送りたいです。

 

はい、ようやくモーグルです。

 

上村選手にメダルを取らせてあげたかったなぁと。
若手よりも素晴らしかったですし、やはりこのへんが欧州との壁なのかなぁと。

 

で、バンクーバでも注目していた男子モーグルの遠藤選手。
彼をかなり応援していたのですが、決勝1回目でエアが乱れてしまって…。
これはかなり厳しかった…。決勝まで残れる実力がありますからね。
でもまだ若いですし、4年後にまた期待します。
彼のきれいなバックフリップはとても好きなので。

 

次にスノーボードハーフパイプです。

今回、日本で最初のメダル、しかも銀銅同時!
まさかのショーンのミスはかなり驚きました。
そして15歳の平野選手、18歳の平岡選手、ダブル受賞ですよね。
シャイな二人と金メダルのポドさんの対比は笑っちゃいましたw
まだまだ高難度の技を高めていくのでしょうね。
4年後も楽しみです。

 

ノルディック複合ノーマルヒル

渡部選手、金メダルも行けるかなーと思ってたのですが、惜しくも銀メダル。
それでも複合では20年ぶり、個人では初ですからね。
実況で荻原健司さんが興奮していたのも、テレ東で荻原次晴さんが号泣していたのも、
この二人は20年という思いがあったのだろうなーと思いました。
団体も期待したいです。

 

ジャンプラージヒル

もうこれは日本中が注目しましたね。
葛西選手、41歳での20年ぶりの銀メダル!
1位との差もあまりなく、ホント惜しかったです。
ストッフ選手は凄かったです。ノーマルヒルと2冠ですからね。
それでも葛西選手、まさにレジェンドでした。
思わず、感動して涙流れましたもんw
更に、また4年後の目標が出来たという素晴らしい精神力。
こういう姿を見ると、自分もまだまだ負けてられないなーと頑張ろうと思います。

 

そんなわけで、書いている間にジャンプ団体が始まってしまっているのですがw

 

後半戦も最後まで楽しみたいです。
フィギュア女子シングルはドキドキが止まらないだろうなぁ。

 

そして、もうひとつ。。。
先ほど、Twitterでもつぶやいていたのですが、

 

エアリアル地上波放送が、直前でカーリングに変更されて、BS録画放送になってしまった…。

 

エアリアルはtorneに録画したかったんだよぉ!
日本人選手がいないからって邪険に扱わないでくれぇ。(´;ω;`)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*